図形類を本文と連動する『アンカー付オブジェクト』の使い方

このテクニックは、InDesignの最強機能のひとつです。
これを使わずして、InDesignはありえません。

★ ★ ★ ★ ★

本文と連動する図形『アンカー付オブジェクト』とは、下の見出しの灰色の枠です。

スクリーンショット 2014-08-15 18.58.45

まず、y_第1章.inddをダウンロードしてください。
14ページの見出しが、『アンカー付オブジェクト』の機能を使っていない悪い例です。
本文中に3行空けて、「もっと優れた…」の見出しを乗せているだけなので、本文の行が増減しても、見出しが取り残されます。試しに行を増やしてみてください。

『アンカー付オブジェクト』の機能を使ったものを用意しました。
それが、21ページの見出しです。
行が増減しても、見出しが本文に追随して動きます。

★ ★ ★ ★ ★

『アンカー付オブジェクト』の使い方〈縦組みの一例です〉

●新しいテキストフレームを(欄外に)用意する。
横幅は、作成したいサイズ。
縦幅は、作成したいサイズより80ミリくらい短くする(あとで調整します)

●見出し文字(「もっと優れた…」)を入力する。

●上記のテキストフレームを挿入したい箇所に、コピー&ペーストする。

●横向きに挿入されてしまうので、90度回転する。

スクリーンショット 2014-08-16 11.51.11
回転マークをクリック。

●見出しのテキストフレームを触ってから、「オブジェクト」ー「アンカー付きオブジェクト」ー「オプション」をクリックする。

●「アンカー付きオブジェクトオプション」ダイアログで、下記のように設定する。


親文字からの間隔:カスタム

アンカー付きオブジェクト:基準点:中央上にポイント

アンカー付き位置:中央上にポイント

X基準:テキストフレーム

Y基準:仮想ボディの中央

Yオフセット:9mm

手動配置を防ぐ:チェックを外す


●見出しのテキストフレームの高さを(本文のテキストフレームにあわせて)148.5mmにする。

●見出しのテキストフレームの回り込みを設定する。

スクリーンショット 2014-08-16 12.01.07

●見出しを触ってから、「オブジェクト」ー「アンカー付きオブジェクト」ー「オプション」をクリックする。
「アンカー付きオブジェクトオプション」ダイアログで、手動配置を防ぐ:チェックを入れる。

スクリーンショット 2014-08-16 12.05.22
これにチェックを入れると、偶発的にサイズが変更されるのを防ぎます。 つまり事故を防ぐことが出来ます。

本文の行数が変更されたとき、オブジェクトだけがその位置で取り残される事故を防ぎます!

レイアウトグリッド、マージンガイドを非表示にする

章扉デザインでは、レイアウトグリッド、マージンガイドが不要ですが、途中で削除することはできません。
非表示にできます。

◯レイアウトグリッドの非表示方法

「表示」→「グリッドとガイド」→「レイアウトグリッドを隠す」/「レイアウトグリッドにスナップ」のチェックを外す。

◯マージンガイドの非表示方法

「表示」→「グリッドとガイド」→「ガイドを隠す」

※ぜひ、ショートカットキー覚えてくださいね。

参考:http://dtp-bbs.com/mt/indesignbbs/archives/9043_20060512141100.html

書籍のデザインは、インデントだけでもできる!

極端なことを言いますが、書籍のデザインはインデントだけでできます。

重ねて言いますが、極論です。

見出しは、書体も級数も変えず、インデントで行頭を下げたり上げたりするだけで、用をなします。
それが、究極のデザイン。

だからインデントはものすごく重要です。

インデントで、なんでも表現できます。

テキストフレームを正確に作る方法

テキストフレームを正確に作る方法です。

テキストフレームに触ります。 青い罫線が、現れます。
テキストフレームに触ります。
青い罫線が、現れます。
「自由変形ツール」をクリックします。
「自由変形ツール」をクリックします。

スクリーンショット 2014-08-06 20.42.57

座標とサイズを正確に指示できます。
座標とサイズを正確に指示できます。

 

しかーしですね、よくよく考えると、このデザインの場合、ノンブルと柱を別々にしないほうがいいです。
ひとつのテキストフレームにし、ノンブルと柱の間は、タブを使いましょう。

課題のテキスト加工についての採点

昨日送ってくれた00のInDesignのデータを拝見しました。
「テキスト加工」についてコメントします。

●行頭に不要なスペースが残っています。

スクリーンショット 2014-08-06 20.17.17
同様のスペースがたくさん残ってます。

このスペースは削除して、「:」の前後に「tab」を入れてください。
タブも段落スタイルで反映されます。

スクリーンショット 2014-08-06 20.17.46

行頭の空白は、インデントを使用します。

不等記号「<」が使われています。
特に理由がない場合、括弧〈〉を使うようにしてください。

スクリーンショット 2014-08-06 20.19.47

記事「意外に重要な仕事、「テキスト加工」をしよう!」をもう一度読んでください。

 

「インデント」は、意外に誰も知らない技!

「インデント」は、意外に誰も知らない技だったりします。
けれど、これすごく重要です。
ぜひ、下記のサイトの記事をじっくり読んでください。

1字下げは、インデントで – デザイン雑学

すごく役に立ちます。
特に
・黒丸等の記号のあとの頭下げ。

スクリーンショット 2014-08-05 22.20.22
・用語のあとの頭下げ

スクリーンショット 2014-08-05 22.20.31

CMPの11、77、55あたりは知っているのだろうか?
このテクニックを覚えたら、確認してみるといいかもね。