画像に触るとき

意外に戸惑うのは、画像を触るときです。

・選択ツール→画像を触ると、フレームを掴む
・選択ツール→画像の真ん中の白い丸を触ると、画像そのものを掴む
・ダイレクト選択ツール→画像を触ると、画像そのものを掴む
・選択ツールでcommandキーを押しながら角を掴めば両方同時に掴む事ができる。この時Shiftキーを組み合わせる事で縦横比を保ったまま変形できる(←超便利)。

・ダイレクト選択ツールで選択したときに、コントロールパレットの変形パーセントをみることでリンク元の画像が適切なサイズに変更されているか知る事が出来る。

最初の設定/環境設定/グリッドを指定するとイライラが減ります。

スクリーンショット 2015-12-02 19.22.52
「環境設定」「グリッド」から、
スクリーンショット 2015-12-02 19.23.01
「開始」と「グリッドの間隔」を行間と同じにします。 「相対」は「天マージン」です。

 

この指定をしておけば、オブジェクトが意図せぬ位置に動いてイライラ〜するのを防げます。

 

ちなみに「ドキュメントグリッド」は単行本ではなくて、雑誌やカタログを作るときに活躍します。