必殺!目次の作り方/先頭文字スタイル

目次の作り方は、段落パレット、文字パレット、タブを設定します。
ポイントは、このときにデザインをしないことです。
あくまで暫定デザイン。
段落パレット、文字パレット、タブを用意したのち、それぞれを調整してデザイン、調整します。
そのほうが簡単、自由自在です。


 

まず、テキストファイルをInDesignへコピペします。
[ポイント]タブを入力しておくこと。

スクリーンショット 2016-04-22 16.26.50

 


 

メインの項目を選択し、段落スタイルを作ります。

自動縦中横設定は、3桁。ノンブルの数字がひっくり返ります。
自動縦中横設定は、3桁。ノンブルの数字がひっくり返ります。

 

「グリッド揃え」は「なし」に設定します。
「グリッド揃え」は「なし」に設定します。

 


一度、段落スタイルから離れて、文字スタイルを作ります。

数字を選択し、新規文字スタイルをクリック。
数字を選択し、新規文字スタイルをクリック。

 

文字スタイルの名前を変更。 級数と書体を指定。 微調整はしないこと。 微調整は最後にします。
文字スタイルの名前を変更。
級数と書体を指定。
微調整はしないこと。
デザイン調整は最後にします。

 

色を変更して、文字スタイルを閉じます。
色を変更して、文字スタイルを閉じます。

 

 

次に文章を選択し、新規文字スタイルをクリック。
次に文章を選択し、新規文字スタイルをクリック。

 

スタイル名を変更し、級数と書体を指定。業界は段落スタイルで調整するので、無視。
スタイル名を変更し、級数と書体を指定。業界は段落スタイルで調整するので、無視。

 

ノンブルを選択し、新規スタイルをクリック。
ノンブルを選択し、新規スタイルをクリック。

 

スタイル名を変更し、級数と書体を指定。
スタイル名を変更し、級数と書体を指定。←画面では「文字スタイル1」という名前ですが、「ノンブル」に変更しました。

 


 

先頭文字スタイルの調整に入ります。

 

段落スタイルをダブルクリックして開きます。 これから、「先頭文字スタイル」を調整します。
段落スタイルをダブルクリックして開きます。
これから、「先頭文字スタイル」を調整します。

 

先頭文字スタイルの新規スタイルをクリックします。
先頭文字スタイルの新規スタイルをクリックします。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.05.24
「なし」→「頭の数字」を選択します。

 

「文字」という文字をクリックすると、右側が変わります。
「文字」という文字をクリックすると、右側が変わります。

 

右側の矢印をクリックして、ポンピングメニューのタブを選択。
右側の矢印をクリックして、ポンピングメニューのタブを選択。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.14.29
上の行になったことを確認し、再び「新規スタイル」をクリックします。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.16.56
「タブ」「で区切る」を選択。

 

画面と同じにしてください。
画面と同じにしてください。

 

上の作業が終わると、書体、級数、色が反映されます。
でもまだ、微調整しないでください。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.22.29

 

 


 

 

 

ここから、タブに入ります。

文字を選択し、タブを開いてください。
文字を選択し、タブを開いてください。

 

頭の数字の下のタブを調整します。
頭の数字の下のタブを調整します。

 

次にノンブルの上のタブを調整します。
次にノンブルの上のタブを調整します。リーダーの中に、ピリオド「.」を入力するのが、味噌です。

 

ノンブルの上に点々が現れました。左右中心ではありませんが、あとで修正します。
ノンブルの上に点々が現れました。左右中心ではありませんが、あとで修正します。

 

リーダーを選択し、ベースラインで左右を調整します。
リーダーを選択し、ベースラインで左右を調整します。左右のあわせ方は下記参照。

 

スクリーンショット 2016-04-23 20.09.57

 

リーダーを選択し、新規文字パレットをクリックします。
リーダーを選択し、新規文字パレットをクリックします。

 

「リーダー」と名づけました。
「リーダー」と名づけました。

 


 

再び、段落パレットに戻ります。
先ほど作成した文字パレット「リーダー」を反映させるためです。

再び、「段落スタイル」を開きます。
再び、「段落スタイル」を開きます。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.44.43
新規スタイルをクリックします。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.45.42
「リーダー」「1」「文字」「を含む」にしてから、右の矢印をクリックしてください。

 

「リーダー」「ノンブル」の順番になります。 順番が大切です。
「リーダー」「ノンブル」の順番になります。
順番が大切です。

 

すべてのリーダーが、左右中心に揃いました。
すべてのリーダーが、左右中心に揃いました。

 


 

ここからデザインを調整します。

文字の級数、書体、色等は、文字スタイルで。
行間は、段落スタイルで。
タブは、タブを開いて調整してください。
デザインの調整は、動画でお楽しみください。

Word配置計画/Word→InDesignの流れ

Word配置計画です。
流れは、Word→InDesignにダイレクト配置→初校

  1. Wrrdで編集する際、すべての文字に見出しや強調文字等のスタイルをあてること
  2. Wordのデータは、InDesign上に「配置」「読み込みオプション」「スタイル読み込みをカスタマイズ」
  3. InDesignの段落スタイル、文字スタイルは「cmD_style.indt」を使用
  4. 段落スタイルと文字スタイルの変更は、「配置」後に作業

慣れるまで、この順番がいいです。