二行取り見出しが変になる

スクリーンショット 2016-06-29 7.23.07
まず、本文組みの確認。 「グリッド揃え」→「仮想ボディの中央」

 

 

スクリーンショット 2016-06-29 7.23.30
次に、「2行取り小見出し」の確認。 「グリッド揃え」→「なし」

 

 

 

スクリーンショット 2016-06-29 7.24.43
ついでに、「段落スタイル」の基準も「なし」に。

 

 

添付した「44_2行取り見出し.indd」から見出しを読みこんで、見出しを適用するとどうなりますか?

 

見出しの読み込み方はこちらの記事です→

見出しを使い回すとラクチンです。

InDesignの見出し等は、流用できます。

  1. あらかじめ、2行取り見だし、3行取り見出し等々を「cmDの見出し」として用意しておく(cmD全員用)
  2. 新刊をレイアウトする際、「cmDの見出し」を読み込む
  3. 見出しのデザインを加える

とすれば、素早くデザインできます。

例えば、編集から原稿をもらったら、

  • 見出しを読み込むだけで、一冊、あるいは一章全体を一瞬で組めます。
  • 次に、見出しのデザインを「段落スタイル」で変更
    • 一瞬で見出しデザインが全ページに適用されるので、
  • 本文全体を見ながら、デザインできます

 

見出しの読み込みかたは、

スクリーンショット 2016-06-29 7.41.14
読み込みたいInDesignのデータを指定するだけです。

インデント

下のような、7文字下げのインデントは、
スクリーンショット 2016-06-19 15.04.47

計算式で入力します。

14(級) *(×のマークです/SHIFT + け) (文字)  Q(単位です)

下の項目の頭に、マイナス記号を付けます。

スクリーンショット 2016-06-19 15.09.42

3行どり見だしで、見出しが2行

スクリーンショット 2016-06-19 11.23.46

 

改行は、「段落内改行」と呼ばれる手法で、

スクリーンショット 2016-06-19 11.30.54
改行は、コマンド + リターン です。

 

もし、文字が天地に広がってしまったら、

スクリーンショット 2016-06-19 11.33.08

 

行のスタイルを変更します。
行のスタイルを変更します。

 

なぜか妙に広い行幅になってしまったら、
スクリーンショット 2016-06-19 11.27.33

「段落行取り」を選択すると、修正されます。
「段落行取り」を選択すると、修正されます。

 

 

段落境界線

段落境界線とは、下のような罫線です。

スクリーンショット 2016-06-19 9.54.12

 

「段落」→「段落境界線」で、設定します。
スクリーンショット 2016-06-19 10.00.45

 

線の位置(オフセットと呼びます)、太さ、種類、色等を設定できます。
スクリーンショット 2016-06-19 10.01.22

「後境界線」と「前境界線」の違いは、よくわかりません。
44的には、レイヤーの上下の違いだと思ってるんですけどね。
「幅」→線の長さの調整です。版面か、テキストの長さか?
その他は、自分でいじくって探ってくださいね。

設定が終了したら、段落スタイルに登録します。

段落スタイルのちょっとしたコツ/基準

例えば「本文」という名前の段落スタイルがあって、新しく2字下げ、3字下げの段落スタイルを作るとします。
級数・書体がそのままで段落だけ違うとき、

スクリーンショット 2016-06-18 17.23.50
「基準」を「本文」にします。

 

利点は、本文の級数・書体を変更したときに、自動で反映されます。
滅多に本文の書体・級数は変わりませんが、「基準」を意識して指定すると、見出し等の変更時に活躍します。