段落(文字)スタイルの横についた「+」マーク

99からの質問です↓

01

「+」マークは、「段落(文字)スタイル」を適用したあと、なにか新しく設定を付け加えた「証拠」です。
「段落(文字)スタイル」をあてたあと、何かしたでしょ?
って、「教えてくれている」わけです。
例えば、級数を変えたとか、色を変えたとか。

その変更を活かすなら(他の箇所にも反映させるなら)、「スタイル再定義」します。

スクリーンショット 2016-06-15 16.21.57
変更内容が、「段落(文字)スタイル」に反映されます。

 

もしその変更を活かさないなら、破棄するなら「オーバーライド」します。

変更内容が消えます。
変更内容が消えます。

 

44の「段落(文字)スタイル」の作り方と「+」マーク

  1. 適当にデザインして「段落(文字)スタイル」を作る。
  2. 級数を変えたり、色を変えたりして、微調整する。
  3. 「+」マークがつきます。
  4. 最後に「スタイル再定義」をします。
  5. もし微調整が気に入らなければ、「オーバーライド」します。

つまり「+」マークは警告なので、その後どうするかですね。

「段落」の「文字組み」を設定して、自動的に「」を詰める方法

スクリーンショット 2016-06-14 20.54.26
スクリーンショット 2016-06-14 20.56.23

スクリーンショット 2016-06-14 20.59.06
名前をつけます。 今回は、「元とするセット」を「行末約物半角」に指定。
スクリーンショット 2016-06-14 21.01.28
「段落」の「文字組み」にネーミングした設定名が表示されます。
スクリーンショット 2016-06-14 21.04.19
「 の指定を「O%固定」にします。

 

スクリーンショット 2016-06-14 21.06.11
」 の指定を「O%固定」にします。

「OK」をクリックし、次に「はい」をクリック。

スクリーンショット 2016-06-14 21.07.24
「」 の前後が詰まりました。

「箇条書き」機能を使わないと損します。

下の説明、すごくわかりにくいです。
すみません、質問してください。

「箇条書き」機能で、中黒や数字を表記します。便利!
「箇条書き」機能で、中黒や数字を表記します。便利!

 

 

「段落」「箇条書きスタイル」を選択します。
「段落」「箇条書きスタイル」を選択します。

 

スクリーンショット 2016-06-07 18.11.26

普通に「箇条書き」を適用しても、数字がひっくり返ります。
あらかじめ文字スタイルで、文字回転90度のスタイルを用意します。

スクリーンショット 2016-06-07 18.13.11