【4】エクセルのデータを「配置」→ヘッダーの指定→整形

まず、エクセルのデータを「配置」します。

「読み込みオプションを表示」のチェックを忘れずに!

オプション画面では、あらかじめ用意した「表スタイル」を指定します。

データが読み込まれました。

表がページからはみ出します。けど、慌てないこと。

ヘッダー行を指定します。

ヘッダー行を選択して(文字ツールで左側を触ると、黒く反転します)、

「表」ー「行の変換」ー「ヘッダーに」と指示します。

表全体を選択し、左へ向かってカーソルを動かし左右幅を縮めます。

「位置」の右側の縦線を「SHIFT」をクリックしながら、左へ移動。「位置」欄が狭くなりますが、その分「コメント欄」が広がります。

出来上がり。

修正は、「段落スタイル」「セルスタイル」「表スタイル」を複製して、名前を変えてください。

【3】表スタイルひとつ。Excelのデータで表を作るとき、あらかじめ用意しておくべきこと

Excelのデータで表を作るとき、「表スタイル」を用意しておきます。

「表スタイル」で、セルスタイル、枠や罫線を指定します。

「表スタイル」ー「一般」で指定するのは、あらかじめ作成しておいたヘッダー行と本文行。

次に「表の罫線」を指定します→外枠の線のことです。

そして「行の罫線」→横線のことです。

次に「列の罫線」→縦線のこと

 

できあがりは、こんな感じです。

【2】セルスタイルふたつ。Excelのデータで表を作るとき、あらかじめ用意しておくべきこと

Excelのデータで表を作るとき、あらかじめ「セルスタイル」をふたつ用意しておきます。

44の基準は、

  • 本文用として(各項目という意味)、「本文/セルの余白天地2mm左右1mm」
  • ヘッダー用として、「ヘッダー/セルの余白天地2mm左右1mm」

セルスタイルの作り方は、

次に、

「セルの余白」を指定。 「テキストの配置」→セル内の天地の位置。

セルの余白とは↓

黄色が天地幅。緑色が、左右幅です。

修正はいつでもできるので、ここでデザインについて深く考えないほうがいいです。

【1】段落スタイルふたつ。Excelのデータで表を作るとき、あらかじめ用意しておくべき

InDesignで、エクセルのデータを使用して表をつくるとき、

  1. 「段落スタイル」を用意しておいたほうが、あとあと楽です。

44が用意している「段落スタイル」は、

  • ヘッダー用として、「10級/行間12歯/新ゴB」
  • 項目用として、「10級/行間12歯/新ゴL」

上記のふたつが、44の基準です。

黄色の部分が、ヘッダー。
青い部分が、本文(項目)です。

もちろん他のデザインにあわせて、段スタイルはいつでも臨機応変に変更してください。