見出し等に連番を入力するスクリプト

見出し等に連番を入力するスクリプトです。

問題集等で重宝します。

アイテムが増えたり減ったりしたら、スクリプトを使えば、再び自動で番号がつきます。

オリジナルの記事とスクリプトはこちら↓http://arinoth.hatenablog.com/entry/2014/04/23/000418

手順

1 数字の文字スタイルの名前を変更→名前の後ろに、(スクリプト用)と括弧付きで付け加えるだけ。

2 スクリプトをダブルクリックし、先ほどの文字スタイルを選択します。

3 何度でも、やり直しができます。

図版番号にした場合の例↓

1桁数字は全角に/2桁数字は半角に変換するスクリプト

1桁数字は全角に、2桁数字は半角に変換するInDesignのスクリプトです。

ダウンロードは、https://www.tactsystem.co.jp/applescript/indesign01.html

 

縦組み本文の基本は、2桁の数字だけ半角で横組み。
① 2桁数字だけ「縦中横」にし(段落スタイルの自動縦中横設定)
② 2桁数字だけ半角(今回のスクリプト)

見出しの飾りアイテムを「検索と置換」で一括配置する方法。

記事「InDesignの見出しの飾りを、超簡単に定位置に配置する方法」より、さらに簡単な配置方法です。

「検索と置換」を使うので、一瞬で終わります。

見出しの飾りアイテムを、「検索と置換」で、一括配置する方法です。

①ライブラリのアイテムを取り出す。
②取り出したアイテムをカットする。
③検索と置換を表示し、設定。
④「すべてを置換」をクリック

①配置するアイテムをアンカー付きオブジェクトにする

見出しの飾りアイテムを定位置に配置する方法です。
20秒以内の動画で、4段階です。
この基本を知らないと、InDesignで苦労します。

①配置するアイテムをアンカー付きオブジェクトにする

②「新規オブジェクトスタイル」を作成

③「新規ライブラリアイテム」に登録

④定位置にアイテムを配置するには、コントロールを押しながら「アイテムの割り付け」をする

超簡単なインデント

なにかと面倒臭いインデントですが、「ここにインデント」機能は、超簡単です。
ワンクリック!

インデントしたい箇所にカーソルを置いて、「ここにインデント」を選択するだけ。

 

それだけで、

 

頭が揃いました。段落スタイルを使わないチラシに活躍する機能です。