表の作りかた〈罫線の変更〉

表の外枠を変更します。
「表の境界線」とは、表の外側の枠線のことです。
外枠だけ、変更しました。
次に、表の中の罫線を変更します。
「セルの余白」を2ミリに調整します。また 「テキストの配置」で、セル内の位置を調整できます。
テキストの前後左右が、2ミリに広がりました。
表の内側の罫線を変更するには、
注意点は、どの罫線を変更するのかを指定すること。縦線と横線を指定しました。

縦線だけ変更するには、縦線だけを指定します。
縦線だけ、変更されました。

表の作りかた〈めちゃくちゃ超基本〉

表を作成・変更するときは、文字ツールを使います。
文字ツールは↓

 

忘れないでね、文字ツール。

 

 

テキストをタブで区切ります。
テキストを選択し、
「テキストを表に変換」します。
表スタイルは、[基本表]。
表の完成!
書体や級数を変更するとき。 ↓ここ重要 「文字ツール」で表の左上を触ると、全体が選択されます。
級数、書体を変更すると、全体に反映されます。

テキスト変数の連番は柱に使えないので、テキストに変換/テキスト変数/箇条書きリスト

問題集を作っています。
問題、問題、問題の番号を「テキスト変数」で自動入力します。
自動入力すると、問題が移動したり加減しても、番号を打ち直す手間が省けます。
ただ、問題がひとつ。
この番号は、「テキスト変数」で指定した柱に反映されません
そこで、「箇条書きリスト」→「番号付けをテキストに変換」します。

本文の番号は、自動入力。 柱の番号は、本文の番号に連動しています。

テキスト変数したあとに、赤字修正が入った場合。
「検索と置換」で、数字を消し、再び番号を自動入力します。

  1. 数字を「文字スタイル」→「■」に検索置換。
  2. 「■」→「連番を指定した文字スタイル」に検索置換します。