ライブラリに登録したオブジェクトの見出しを一括検索置換

ライブラリに登録したオブジェクトの見出しを一括検索置換です。
この見出しは、テキストフレーム付きです。
改ページ見出しです。
動画の順番は、

  1. ライブラリから、見出しのオブジェクトを出す。
  2. 検索と置換で一括変換する
  3. 最初のページの見出しだけ、改ページをとる

頭を揃えるインデント→新しい段落スタイルを作ろう!

頭を揃えるインデントです↓

新しい段落スタイルを作ります。
例えば『本文(1字下げ)』とか、名前をつけて。
指定するのは、2箇所です。

  1. 文字組み→1字下げにしないこと→上の図の右側①
  2. インデントに本文級数を入力→14Qと入力します

それだけです。

本文の新しい段落スタイルをつくるときは、記事「インデント等で本文の段落スタイルを増やすとき、忘れてならないこと」を読んでください。

目次のタブの入れ方→段落スタイルへのタブの落とし込み→文字スタイルの作成→先頭文字スタイルの作成

目次の作り方、基本編です。

  1. 目次のタブの入れ方
  2. 段落スタイルへのタブの落とし込み
  3. 文字スタイルの作成
  4. 先頭文字スタイルの作成

の順番です。
最後に先頭文字スタイルを指定しますが、次々に文字にデザインが反映し、ちょっと感動モノです。
お楽しみに。

まず、目次にタブを入れます。
文字原稿を挿入したあと、

グリッド揃え→なし

 

自動縦中横設定を3桁に。
タブの位置を適当に決めます。 あとで調整できるので、適当です。 とはいえ、位置は文字数で指定します。 この例では、5文字目、24文字目、30文字目、42字目。
1行だけ選択します。 黒く囲まれた行です。

 

タブを計算式で指定します。

本文は14級です。

14Q*5 * → ×の意味です。
14Q*24
14*30
14*42 画像が間違ってますが、下揃えにしてください。
指定した位置にタブが揃いました。

★段落スタイルを作ります。

 

タブの入った行を選択します。
新規段落スタイルを選択。
名前をつけます。
これだけで、自動的にタブが反映されました。

 

★文字スタイルを作ります。

少しだけ、書体を変えます。あとで修正できるので、少しだけ。やりすぎないこと、ここで悩まないこと。

 

 

大きな項目を選びます。
文字スタイルを作成。
地名の原稿を選んで、文字スタイルを作成。
ここでは、北海道と名付けました。
氏名を選んで、文字スタイルをつくります。
ここではライオン娘と名付けました。
ノンブルを選んで、文字スタイルを作成。
ノンブルと名付けます。

 

 

段落スタイルをあてます。

 

★段落スタイルの先頭文字スタイルを作ります。

タブによって文字スタイルあてるので、タブの位置が重要です。

先頭文字スタイルを指定すると、次々に文字に反映されます。

これ、けっこう感動します↓

超基本的な目次の作り方

ポイントは、少しづつデザインを施すこと。
いきなり、あれこれ飾らないこと。

原稿です。
重要度にあわせて、文字の大きさを変えます。 ここでは、書体は変えません。
重要度にあわせて、インデントで差をつけます。
少しだけ、書体を変えます。 あくまでも、少しだけ。 ここでは、あまり悩まないこと。 どうせ、あとで好きなだけ変更できるので。
タブで、ノンブルの位置を下げます。
ノンブルの前にリーダー罫線。 これは「下線」です。

 

天地を狭くして、本文の版面と差別化します。

 

飾りをつけます↓

例えば、罫線。
「コラム」を網がけ白抜き文字にしたり、
コラム全体に薄網にしたり
大見出しを抜き文字にしたり。