【一発で初校を出す方法】Wordの見出しを、InDesignの見出しとリンクする/Wordの見出しとは

超簡単に初校を出す方法です。
Wordで付けたスタイルを、自動でInDesignの見出しとリンクすることができます。
つまり、WordのデータをInDesignに読み込むだけで、初校ができます。

Wordで編集するとき、CML専用の見出しをつけます。
例えば、下のような感じです。

「スタイルの変更」→「スタイルセット」のなかに、「CML専用」スタイルを作ります。

 

「CML専用」スタイルのなかに、

  • CML本文
  • CML強調
  • CML大見出し
  • VML中見出し
  • CML小見出し

等々、用意します。
これらのスタイルは、

  • いつでも大きさ、書体、色等の変更ができます
  • 名前を統一することが、大切なのです。

この共通スタイル名を、InDesignの段落設定とリンクさせることができます。

つまりつまり、いちいち段落設定を手作業で指定しなくていいのです。

  • ルビ
  • 本文中の強調(書体/色/斜体/級数)
  • 段落数種
  • キャプション

ま、できないこともあると思いますが、、、

「【一発で初校を出す方法】Wordの見出しを、InDesignの見出しとリンクする/Wordの見出しとは」への2件のフィードバック

  1. なるほど。そもそもWordのスタイルセットを使ったことがありませんでした!

    1. スタイルセットって、あんな目につくところにあるのに。
      いちいち書体とか文字の大きさとか色とか指定してると、面倒じゃないですか!
      いつか間違うし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。