《サンプル目次》一括変換するために、段落スタイルと文字スタイルと先頭文字スタイルの作り方

ひとつの段落スタイルと複数の文字スタイルを、クリック一発で変換できます。
一括変換は、「先頭文字スタイル」の機能です。
手順は5つ。

1 デザインする
2 段落スタイルを作る
3 文字スタイルを作る
4 段落スタイルの「先頭文字スタイル」を指定する
※これがちょっと難しい→慣れないと試行錯誤が必要
5 テキストに段落スタイルを適用する

この手順で作れば、修正は超楽チンです!

 


1 デザインする


文字の級数、書体、色を指定し、デザインを大雑把に確定します。

 

下線、打ち消し線の指定も忘れずに。

 

各要素の間には、Tabを入力。



2 段落スタイルを作る


段落スタイルを作るために、まず先頭の文字を選択します。

 

「新規段落スタイル」を選び、
名前をつけます。ここでは「Step」と名付けました。書体と級数は、自動で記録されています(一応、要確認)。

 

次に、段落スタイル「Step」でタブを設定。



3 文字スタイルを作る


段落スタイルの次は、文字スタイルの設定です。各文字を選択してから
文字スタイルで、

 

新規文字スタイルを作成します。
スタイル名をつけます。ここでは、「1」。フォント、スタイル、サイズが自動入力されていることを確認します。

 

あわせて、文字カラーが自動入力されているか、確認。
すべての文字スタイルを作成し、出現する順番通りに並べます。

 




4 段落スタイルの先頭文字スタイルを指定する


最初に作成した段落スタイル「Step」を開き、「先頭文字スタイル」を指定します。



5 テキストに段落スタイルを適用する


目次のテキストを選択し、段落スタイル「Step」をクリックします。
段落スタイル名「Step」の後ろに「+」がついているときは、必ず「選択範囲のオーバーライドを消去」をクリックします。
最後に段落スタイル「Step」で、タブを調整します。
完成!デザインの調整は、必ず各スタイルで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。