見出しを作ろう ー 基本の7ステップ

原稿のテキスト加工

ドキュメントに文字原稿を流す

本文スタイルの設定

ここまでは、もうできますよね?

次は見出しの作成です。

見出しを作る基本は、次の7ステップ。

  1. 書体の設定
  2. 級数の設定
  3. 行間(上下の位置)の指定 ※テキスト加工の段階で、行取りはしておきます
  4. インデント、タブの指定
  5. 色の指定
  6. 飾りの設定
  7. 改ページなどの設定

【課題】44_midashi_001.zipをダウンロードして、大見出し「1アポイントを取る」を下記設定で、見本と同じように作ってみてください。

44_midashi_001.zip

スクリーンショット 2014-11-14 002

■大見出しの設定

  1. 書体:新ゴ DB
  2. 級数:20Q
  3. 行間(上下の位置):上から2mm下げる
  4. タブ位置:数字の後ろ4mmの位置に左揃えタブ
  5. 色:文字色C80%
  6. 飾り:上部に0.1mm、文字色と同色、版面左右いっぱいの罫線
  7. 大見出しで改ページ(今回の課題例は1ページ目なので、省略)

■見本

スクリーンショット 2014-11-14 001

 

■作成のヒント

  1. 行間(上下の位置)の指定 :今回は、ベースラインシフトを使いましょう。他には、段落前(後)アキを使う方法もあります。
  2. 飾り罫線の設定:今回は、段落境界線を使いましょう。
    参考:http://www.adobe.com/jp/print/tips/indesign/category9/page10_1.html
  3. 改ページ:「書式」ー「分割文字の挿入」ー「改ページ」

※見出し作成後は必ず、各見出しごとに、段落スタイルとして設定すること。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。