図版を入れよう(1)準備編

今年もよろしくお願いします。

さて、2015年の第一弾は、図版についてです。

★ ★ ★

InDesign に挿入する図版は、Illustrator で作ります。

InDesign でも簡単な図版は作れますが、それではデザインに幅がなくなります。
魅力的なものは作れないので、できるだけIllustratorで!

Illustrator で作った図版を InDesign に挿入するには、事故を防ぐコツがあります。

<準備/図版原稿の整理>

・図版原稿に名前を付けよう
図版原稿ひとつひとつに、固有の名前を付け、誰が見てもどこに入る素材なのかわかるようにしておきます。
名前は、

部-章-節-順番【挿入する素材の種類】【仕事ファイル名 】.拡張子

とすると混乱を避けられます。

【挿入する素材の種類】は、下記になります。
図:本文に挿入する図版
貼画:図版内に貼込む写真、イラストなどの画像
画像:本文に挿入する写真、イラストなどの画像

例えば仕事名が「同族企業」の1部2章3節4個めに挿入する図版の場合、

1-2-3-4図同族企業.eps

となります。

・本文原稿に図版データを書き込もう
本文原稿に、下記の図版の詳細(図版ファイル名
・サイズ)を書き込んでおきます。

例えば、

1-2-3-4図同族企業.eps W110×H30

という具合です。

ページの全サイズ、半サイズなど寸法が決まっている場合には、

1-2-3-4図同族企業.eps 全

という付け方でもよいでしょう。

※下記の部分でも解説しています。++++++++++++++++++++++++
意外に重要な仕事、「テキスト加工」をしよう!
<準備/原稿整理>
・挿入する写真、図版などのファイル名を決め、原稿に書き込んでおく。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

準備ができたら、図版を入れよう(2)図版作成編 に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。